Android11以降のバージョンのストレージの制限への対応について

2021年11月以降からGoogle Playで新規公開や更新するアプリはAndroid11への対応が必須となります。

(Android11対応アプリではOSのバージョンに関わらず外部ストレージへのアクセスを制限する必要があります)

これまでのデータ保存先

  • Android端末の外部ストレージと呼ばれる領域に保存されました。
  • Filesアプリなどでデータのバックアップを自由におこなうことが可能でした。
  • 端末からアプリを削除してもデータが端末に残るためデータの消失のリスクを減らすことができました。

Android11対応アプリで使用できる保存先

  • Android端末のアプリのローカルストレージ
  • 他のアプリやFilesアプリからアクセスできないためセキュリティ上のリスクが軽減されます。
  • 端末からアプリを削除するとデータも全て消去されるためアプリの残骸を残しません

今後の運用上の注意点

  • Estilynxの “バックアップと復元” を使用して定期的なバックアップをおすすめします。
  • Estilynxを端末から削除後に再インストールする必要があるときは “バックアップと復元” で事前にバックアップしてください。